金持ち父さん貧乏父さん

スポンサーリンク



もす!ござえもんです!

今回はおすすめ本の紹介!

金持ち父さん貧乏父さん

読んだことあるという人や知ってるという人も多いと思います。

まずこの本では何を教えてくれるのかという点ですがまずは「金持ち父さんの六つの教え」ということで

第一 金持ちははお金のために働かない

第二 お金の流れの読み方を学ぶ

第三 自分のビジネスを持つ

第四 会社を作って節税する

第五 金持ちはお金を作り出す

第六 お金のためでなく学ぶために働く

そしてその後、実践の書として

実践一 まず五つの障害を乗り越えよう

実践二 スタートを切るための十のステップ

実践三 具体的な行動を始めるためのヒント

こんな感じ!

感想

一つ一つ解説してると本書けそうになるのでwボクが印象に残ったとことをいくつか箇条書きにします。

① 大抵の人は人生のパターンは決まってしまってる、お金がなくなる恐怖とあれもこれも欲しいという欲望によって走らされてる、働く→支払い→この繰り返し(金持ち父さんはこれをラットレースと呼んでました)

② 資産はお金を入れてくれる。負債は、お金をとっていく。車や家も金持ち父さんからしたら負債。「金持ちは資産を手に入れる。中流以下の人達は負債を手に入れ、資産だと思い込む」

③ 学校では教えてくれないお金の持ってるチカラを学ぶ

もっとあるんですが時間なくなってきたので3つだけw

本のすべてが正しいとは限らないし、自分に合う合わないもあるので自分で考えていかなければならないと思います。

でも学校では教えてくれなかったのは確か、納税は三大義務の一つなんだし税金についてもっと詳しくやってもいいと思います。

そしてせっかくの知識も行動しなきゃ何の意味もないので行動あるのみ!

お金について学びたいと思ったらとりあえず最初読んでみるのもいいと思います!

若い人ほど読んだほうがいいかもしれません。

金持ち父さん貧乏父さん改訂版 アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・T.キヨサキ ]

以上おすすめ本の紹介でした!

へば!!